「ほっ」と。キャンペーン

手しごとボトルアート 河野美雪

世界中のびんを切ったり、絵を描く、ものづくりが大好きな職人のお話し。

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

竹寺・八坂神社

しとしとと雨の降る七夕の日に、埼玉県飯能市にある、竹寺・八坂神社を訪ねました。

天河神社ツアーでも大変お世話になりました、

朱鳥先生、 釈先生、釈先生の秘書の赤荻由那さんが企画してくださったツアーです。


竹寺は、インド祗園精舎の守護神といわれる、

牛頭天王(ごずてんのう)を本尊とする、神仏習合のお寺です。

b0180502_2112324.jpg



この日は、気温30度になると予想されていたにもかかわらず、

お寺に着くと、深い緑の空気が心地良く、ひんやりと感じました。


本殿登り口鳥居の「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、心身の浄化を願います。

b0180502_2142585.jpg



竹寺というだけあって、手水舍の柄杓も竹であしらわれています。

b0180502_21103724.jpg



本殿では、祝詞をあげてくださる釈先生の力強くどっしりとしたお声が静寂の中に響き渡り、

一人一人名前を読み上げてご祈祷していただきました。

パワーストーンのブレスレットや、大切にしているものなどを、丁寧に念を入れて浄化してくださいました。

b0180502_2117347.jpg



最近は、このような機会をいただくたびに、

「社会に貢献するために、家系を代表して来させていただいているのだな」、と感じます。


本殿を出て、茅の輪の鳥居のところで記念撮影をすることになり、

由那さんにお写真を撮っていただいて歩き始めたとき、

私の頭から右肩に何かがバラバラと当たりました。

下を見ると・・・、色とりどりのおはじきが!!!

「ももちゃんだ!」

天河神社と同じシチュエーションで、座敷わらしのももちゃんから、おはじきのプレゼントが降って来ました。

今回のおはじきは天河神社の時よりも大きかったので、体に当たった感覚も大きかった。(笑)

不思議だったのは(すでに充分不思議だけど)、おはじきが温かかったということ。

由那さんも、「温かいのは初めて」とおっしゃっていました。

数えてみると、参加していた女性の人数分ぴったりの10個。。。



お腹も空いて来て、お楽しみの精進料理♪

竹寺ならではの、竹づくしです。

b0180502_21512953.jpg



たんぽぽなどの葉の天ぷら、白和え、つくだ煮、梅のシソ葉巻き、

炊き込みご飯、お蕎麦など、とても美味しくかなりボリュームがありました。

b0180502_2151235.jpg


b0180502_21515722.jpg



お食事を終えた釈先生が、添えられていたお花と短冊をさらりと作品にしておられました!

b0180502_2152203.jpg



ふと、釈先生が「男性陣にも、ももちゃんから何かもらっとるぞ! 探してごらん。」とおっしゃり、

参加されていた男性3名のうち、そばに荷物を置いてあった2名がバッグを見てみると、

外側のポケットの中に、特大のおはじきが入っていました!

もうお一方は「荷物は向こうに置いて来ちゃったから、僕はないなぁ。」と言いつつ、

座布団と足の間に何かがあることに気付き見てみると、やっぱり特大のおはじきが!

しかも3人とも色違い。

下の水色のおはじきは、女性陣がいただいたもの。上の茶色いのは、大きさを比較するための十円玉です。

b0180502_22135922.jpg


天河神社でいただいたおはじき(左2つ)より、大きい。

b0180502_1175248.jpg


天河神社に続き、今回もももちゃんからプレゼントをいただいてしまいました。

ももちゃん、ありがとう!


b0180502_2233475.jpg


瑠璃殿へ移動してしばらく休憩していると、甘〜い香りがすることに気が付きました。

「ももちゃんがいるときの香りですよ!」と、由那さんが教えてくださり、

その直後、すぐ近くで「にゃ〜」という可愛い高い声が聴こえました!

とっさに由那さんと「聴こえたっ?」「聴こえましたっ!」と顔を合わせ、感動してしまいました!



そんなサプライズがあったあと、座禅と瞑想で静かな時間を過ごしました。

ちゃんと座禅を教えていただいたのは初めてでした。

姿勢を正して、お釈迦様のように半眼で一点を見つめ、

釈先生が鳴らしてくださるベルの音を追いかけて、無心になる。

瞑想では、目を閉じて、静かに宇宙と繋がる時間を過ごす。

どちらも、5分〜10分行なうのですが、心地良くて始めは短く感じていたのが、

だんだん「これくらいかな」と、正確な時間を感じられるようになっていきました。

そのあと、畳に寝転がって過ごした「内観」では、

竹林に響き渡るうぐいすの声や、しっとりとした雨音、窓から入る心地良い風、深い緑のにおいを感じて、

ただ寝転がっているだけの「豊かな時間」に、幸せな気持ちで胸がいっぱいになりました。

b0180502_2374974.jpg


「ない」と感じるのは、自分。

「在る」と感じるのも、自分。

「すべて在る」と感じた、幸せな時間でした。

せめて一日5分、内観の時間を持とう。


せっかくの七夕が残念ながら雨になってしまったと思ったけれど、

それがかえって良かった。

静かな雨音に耳を傾けながら、ご縁のあるみなさんとこうして過ごせる。

これも妙法なんですね。

織姫と彦星は、年に一日だけ会うことを許されている日が雨だと、会うことができないと言うけれど、

実はちゃ〜んと逢っているんですね☆

と、釈先生のお話のなかにありました。

良かった^^



竹寺をあとにして、車で30分程の場所にある八坂神社へ。

b0180502_23323489.jpg


少し離れた所からは木に覆われて見えないくらい、小さなほこらのような八坂神社は、

京都の八坂神社の裏門にあたり、天河神社とも繋がっている、

願望実現の即効性があるといわれている、知る人ぞ知るパワースポット。

激しい雨が降るなか、お社を囲んで参拝をし、釈先生が祝詞をあげてくださいました。

皆で手を合わせていると、お社の木の板の上に「ゴツンッ!」と大きな音がして、何かが落ちて来ました。

男性陣にプレゼントされたものと同じおはじきが、ひとつ!

そのおはじきが降って来た目の前にいらした女性は、男性陣に特大おはじきが現れたとき、

鳥居でいただいたおはじきが割れていたと話していらっしゃいました。

それを聴いていたももちゃんからのプレゼントだったようです!

ももちゃん、優しいな〜♪


一人ずつ願いを込めて手を合わせ、祈りを捧げた八坂神社の次に向かったのは、

名栗の大松閣という老舗の立派な旅館。

b0180502_23575453.jpg

b0180502_2358915.jpg


温泉で体を清めたあとは、美味しいお夕食をいただきました。


釈先生に天河神社でのお礼をお伝えしたかったので、お声をかけて、

「人間は、優越感と劣等感という、2つのやっかいなものを持っている」というお話から、

今までの自分が恥ずかしくなった。これからは、人のために生きようと思った。

そう気付けたことに感謝の気持ちをお伝えしました。


釈先生は優しい笑顔で、

「人は誰でも、優越感と劣等感を持っているの。完璧になったら人間やっていてもつまらない。

 劣等感を持っていると、もっとがんばろうと思える。度が過ぎると心が下を向いてしまう。

 優越感を持っていると、自分を誉めてあげられる。これも大切なこと。
  
 度が過ぎて人を見下すのは違う。そのバランスが大切。

 人は少しの悪は持っていていいの。

 人のために生きるというのも大切。でも、一般の人はまず自分のことを考えていいの。

 人のためが一番で、自分は後、というのは、私たち坊さんの仕事。」

と、お話してくださいました。


そしてもうひとつ、お聞きしたかったこと。

天河神社で、ありがたいお話をしていただいたときに購入させていただいたご本があります。

b0180502_154129.jpg


サインと一緒に、ひとりづつそれぞれ書いてくださったお言葉があるのですが、

私は、『夢路』というお言葉を書いていただいて、

「夢の路という言葉が浮かんだので、夢路と書かせていただきました」と、お話していただいていました。

今回、その意味をお聞きしてみると、

「あなたが今までして来た、苦しいことも、悲しいことも、嬉しいことも全部、

 あなたが幸せになるために体験して来られた。

 夢を叶えるために導かれている、路なのですよ。」

と、優しいお顔で穏やかにお話してくださいました。

b0180502_059501.jpg



ここでも、それぞれ大切にしているものなどに、ひとつひとつ念を入れてくださいました。


今回も、気付きや学びの多い、貴重な体験をさせていただきました。

釈先生、朱鳥先生、赤荻さん、ご一緒させていただいたみなさま、

ありがとうございました。

ご縁に感謝いたします。

この日の様子を、赤荻さんの秘書ブログに書いてくださっています。
[PR]
by bottleart | 2012-07-22 01:21 | 日記

羽根のピアス

先月、かおちゃんに連れて行ってもらった、

江ノ島で開催されていたイベント「Enoshima Bace展示会 ラストダンス」で出逢った、

かおちゃんのお友だちの「はるちゃん」に、羽根のピアスをオーダーして作っていただきました!

b0180502_18562055.jpg


b0180502_1857892.jpg


鮮やかなブルーに、虹色に光るグリーンが入った、クジャクさんの羽根に惹かれました。

白いドットの羽根は、ほろほろ鳥さんだそうです。

なんて可愛いんだろう!

使っていただいた羽根は、すべて天然色!

美し〜い!

天然石は、フローライトだそうです。

パーツはそれぞれ着脱可能にしてもらいました!

羽根の枚数を変えたり、石だけにするのも良し♪


はるちゃんに出逢ったとき、古民家のタタミに座ってぽつぽつとお話をしながら、

羽根(鳥)に対して「無駄にしないからね〜。大切に使わせてね〜。」って・・・、

「かおちゃんのところに行くんだね〜。良かったね〜!」って・・・、

羽根に愛おしそうに話しかけていました。

私は秘かに、かなり感動していました。


羽根のピアスはいままでも、お店でも売っていたり、作っている方の作品を見かけたりして、

何度か「買っちゃおうかな」と思いつつ、手を出さないでいたのだけれど、

はるちゃんに出逢って迷わずお願いしました。


先日、仕上がったピアスを受け取ったときに、江ノ島で感動したことをはるちゃんに告白しました。

「めぐりめぐって手元にやって来た羽根ちゃんに対して、敬意を表して、誠実に、

 新たな命を吹き込むはるちゃんのピアスを大切に使いたい、と思ったの。」

そう告白しながら、泣くアタシ。。。(笑)


はるちゃんの羽根の作品、ヘアピンも超カワイイ!
(かおちゃん、お写真拝借〜)

b0180502_20184228.jpg



これからも、ご縁のある方の元に羽ばたいて行くんだろうな〜♪

b0180502_19391537.jpg

[PR]
by bottleart | 2012-07-17 20:21 | 日記

ワクワクのおもてなし♪

大盛況の『イチゴいちえ』に遊びに行って来ました!

外にはスーパーボールすくいと、バタルくんが名前を入れてくれる革のキーホルダーなどのブース。

b0180502_0144897.jpg


           スサイターちゃんの作品が天井からゆらゆら〜♪

b0180502_0175055.jpg


           
           引き込まれてしまう、ひさおさんの世界!

           去年、ひさおさんの岡山での個展を観に行って、はじめましてでした。

b0180502_021041.jpg


           ポストカードの種類も、こ〜んなに!

b0180502_0235453.jpg



           この日のスペシャルゲストのナスマサタカさんと、かおちゃん&お昼寝るーちゃん♪

b0180502_033645.jpg


           1グラム100円! 斬新なアイデアの量り売りの原画。その場で描いてくれます!

           左奥は、もうひとかたのスペシャルゲスト、内田コーイチロウさん。

           右奥には、ひさおさ〜ん。

b0180502_12224.jpg


           ターちゃんのプラバン

b0180502_0574438.jpg


b0180502_102136.jpg


           かわいい〜♪

b0180502_103916.jpg



           ターちゃんのモビールと、鉛筆のみの絵は、

           1年半程前の「maroと愉快な仲間たち展」の時のもの。

           (あ、これは会場ではなく、ウチです^^)
b0180502_112631.jpg



           上の黄色い絵は、ナスさん作。中2つ鉛筆画の左はかおちゃん、右はひさおさん。

           左下、かおちゃん。右下は、ひさおさんと、ターちゃんコラボ♪

           かおちゃんが描いてくれた絵(左端2つ)が、偶然にも両方とも実のなる木と鳥さん!
     

b0180502_114433.jpg



この日は、素敵なミュージシャン、ママジーナさんのライブもあり、たくさんの人が遊びに来ていました♪

かおちゃん、ひさおさん、ターちゃん、バタルくん、スペシャルゲストの方々、

スタッフのみなさんの気持ちが温かくて、何時間いてもあきない、とっても楽しいイベントでした♪


イチゴいちえ、あと2日!!

みんなが笑顔になっちゃうような、ワクワクのおもてなしが盛り沢山です^^
[PR]
by bottleart | 2012-07-17 02:03 | 日記

イチゴいちえ

去年、このイベント企画の話を聞いてから、ずっとずっと楽しみにしていました!

イチゴいちえ

b0180502_20521127.gif












かおかおパンダちゃん

vataruくん

スサイタカコちゃん

酒井ひさおさん


とっても素敵な4人のグループ展です♪


『イチゴいちえ〜わたしたちのオモテナシ〜』

会場・Gallery-T

日時・7月13日(金)〜18日(水)10:00-18:00

小田急線・片瀬江ノ島駅より徒歩5分
江ノ電・江ノ島駅より徒歩2分
湘南モノレール・湘南江ノ島駅より徒歩3分

楽しいこと盛り沢山!!

今日から始まってま〜す♪
[PR]
by bottleart | 2012-07-13 20:55 | 日記

天河神社・4〜目覚め〜

天河神社ツアーから、一ヶ月半が経った。

帰って来て次の日からいろいろ思い返して、今もあの2日間の体験をよ く思い出す。

特に心に響いていたのは、

釈先生の「人間は、優越感と劣等感という2つのやっかいなものを持っている」というお話。

私、持ってるな〜、その2つ。。。

そう思って、今までの自分が恥ずかしくなった。

そして「これからは、人のために生きよう」と、はっきり思った。


「人のために生きる」というのは、決して自分を犠牲にして誰かのために、という意味ではなく、

私自身が喜びを感じることが、誰かや何かのお役に立つことに繋がれば…、という意味。

自分を良く見せようとするよりも、相手の良いところを見よう。


人のためにと言いつつも、それは実は自分のためなんだろうな。

「役に立ちたい」、という自己満足なのかもしれない。

ただ、自分のエゴを満たすためでなく、私にできることで誰かが笑ってくれたらいいな、

そんな小さなことが繋がって、宇宙が愛で満たされるように。。。

そんなイメージで、これからの人生を精一杯生きよう。



天河神社は、目覚めの加速する場所。行くといろいろ変わるよ。と聞いていて、

なんとなく「何かを得る」イメージだったけれど、私の場合は、得ることより、まず手放すことだった。

ぽろぽろぽろぽろ、はがれ落ちている感じ。

「そう来たか!」なんて、おもしろがっている感じだけれど、私に必要なことで必要なタイミングなのだろう。


他にも、圧倒的に学ばせていただいたこと、

宿で夕食をいただくとき、みんなのご飯をよそってくださった方のお一人が、朱鳥先生でした。

それから、一日目のセミナーを終えたあと、柿坂宮司様がご自分でいただいた湯呑み茶碗を、

自ら下げていたと、あとから耳にした。

それだけのこと・・・、かもしれないけれど、いわゆる「すごい人」は、そういった小さな気配りが出来る人。

しかも、さりげなく。

ということを目の当たりにしました。


今回のツアーで、生活の一部を共にさせていただいたことからも、

気付きや学びをいただく機会も多く、本当にありがたかった。


天河神社、また個人的にもぜひ足を運びたい。

b0180502_015522.jpg

[PR]
by bottleart | 2012-07-13 00:00 | 日記

サボさんなう!

初めてお花が咲いた〜♪

b0180502_21383944.jpg


b0180502_2139835.jpg


b0180502_2139202.jpg


b0180502_21393584.jpg

[PR]
by bottleart | 2012-07-10 21:40 | 日記

天河神社・3〜おんだ祭・禊殿〜

天河神社2日目、朝食の前に散策。
b0180502_88869.jpg


ゼロ磁場のイチョウの木の辺りを歩いていると、頭にポツンと何かが・・・。

小さなイチョウの葉っぱの芽でした。かわいい。
b0180502_8181223.jpg


b0180502_8202783.jpg


朝の境内の空気も気持ちが良い。

手水舎のお水はまろやかでとても美味しく、一緒に連れて行った水晶を洗ったらキラッキラになりました☆

b0180502_2215378.jpg


b0180502_2215331.jpg


b0180502_2224747.jpg


本殿のすぐ近くの神田では、午前中から行われる「おんだ祭」の準備をしてくださっていました。

b0180502_21594392.jpg


清々しい空気を満喫して、宿に戻り美味しい朝食をいただきました。
b0180502_21585473.jpg


朝食のあとは、本日のメインイベント、おんだ祭。

本殿でのご祈祷のあと、『神戸市立兵庫商業高等学校』龍獅團(りゅうしだん)の皆さんによる、

獅子舞と龍舞の奉納を観ることができました。

キラキラした汗を流しながら、相当激しい動きにも関わらず、

爽やかで弾けそうな笑顔を見せてくれる高校生の姿に、涙が溢れました。

b0180502_1920833.jpg


b0180502_19204054.jpg



おんだ祭とは、豊作を祈り神田にお田植えをおこなう神事のことです。

発アカのメンバーからも10名の方が参加しました。

b0180502_2224299.jpg


去年の台風の水害で、今までの衣装はすべて流されてしまったため、

ピンクと黄緑色の鮮やかな衣装は、今年新調したものだそうです。

みんなとっても可愛い〜♪

お田植えをしている間も、神田のまわりで獅子舞と龍舞を披露してくださいました。

b0180502_2230100.jpg


お田植えが終わり、天川村のみなさんが用意してくださった、直会(なおらえ)をいただきました。

塩結び、煮物、お漬け物、お味噌汁、スイカ・・・、とても美味しくて、

青く広い空を見上げながら、「幸せだねぇ」などと話ながら、ありがたくいただきました。

その時にかかっていたBGMがちょっと意外な感じで、「柔軟だな〜♪」と思っていたのですが、

あとから、宮司様が取り入れていらっしゃる「トランス」だとお聞きしました。

神社といえども、型にはまらない自由なスタンスも有りなのですね。

宮司様、カッコイイ!

最後に豊作と平和を願って、みんなで色とりどりの風船を飛ばしました。
b0180502_22474339.jpg



おんだ祭に参加した方たちが着替えている間、自由時間を過ごし、

みんなが集まってから、鳥居の前で記念撮影をしました。

撮り終えたときに、私の横辺りで突然「バラバラッ!」と何かが落ちた音がしたので、

どなたかの天然石のブレスレットが切れたりして、石が飛び散ったのかと思い下を見ると、

おはじきがたくさん落ちていました。

とっさに「ももちゃんだ!」と察して、みんなで拾いました。

感動しながら「ももちゃん、このタイミングで・・・やってくれるねぇ♪」なんて話していると、

拾えなかった方もいて、一緒にさっきの場所に探しに行ったけれど見つからず・・・、

と、その時に私の頭から右肩に「バチバチバチ」と何かが当たり振り返ると、

なんと! おはじきが降って来たのでした!

そのとき何人かの方は、空中からおはじきが吹き出した瞬間を見たそうです。

水しぶきかと思ったらおはじきだった、と。

ほぼ全員がおはじきを手にすることができました。

(と思っていたら、まだもらえなかった方がいらしたようでしたが、
  
そのあともう一度おはじきが降って来たそうです!)

ももちゃん、ちゃんとみんなに渡るように、おはじきをプレゼントしてくれました!

ものすごいサプライズをありがとう☆


御祈祷していただいたお札と、お札を立てる鳥居に、ももちゃんからのおはじきを。

釈先生が念を入れてくださった天然石の天使ちゃんと、

釈先生のために調香師のかたが香りを調合してくださっているという、匂い袋。

b0180502_0222829.jpg



興奮が冷めないまま、境内から10分ほど歩いた場所にある、禊殿(みそぎでん)へ。

緑に囲まれ、天の川という名の川沿いを歩きながら、いろいろな種類の蝶がたくさん飛んでいたのが印象的でした。

禊殿と裏手の高倉山は、宮司様がお話してくださった、国常立神(くにとこたちのかみ)様がまつられている場所で、

5月21日の金環日食の日には、天と地をつなぐ特別なご神事がおこなわれた、

とてもエネルギーの強い場所とのこと。

禊殿の前で、釈先生がご祈祷をしてくださいました。

そして、正しい鳥居のくぐりかたや、正式な参拝の仕方等を教えていただきました。


鳥居をくぐるときは、真ん中は神様の通るところなので、端を歩きましょう。

まず、入るときに鳥居の前で一礼。

くぐるときは、鳥居の左側を、左足から鳥居を一歩入る。

出るときは、鳥居に向かって右側を、右足から鳥居を一歩出て、向き直って一礼。

(鳥居の同じ側しか通らないということですね。)

正しい鳥居のくぐりかただそうです。


みんなで玉砂利に座って、ホトケさんが鳴らしてくださっていた五十鈴の音色が響くなか、

それぞれ瞑想をして過ごしました。

b0180502_005648.jpg



禊殿から戻り、2人一組になって今回のツアーでよかったことや、

得たギフトなどをシェアしあうワークを行ない、天河神社で過ごす時間の締めとなりました。


行きと同じ車に分かれて、途中、道の駅「黒滝」で名物のこんにゃくをいただいたり、

お土産を買ったりしながら、下市口の駅まで送っていただきました。


長いようで、あっという間だった2日間。気付きや学びの多いとても貴重な体験でした。


今回の企画をしてくださった、こと葉さん、ホトケさん、かおりちゃん、

特別講師としてありがたいお話をしてくださった、柿坂宮司様、釈先生、秘書の由那さん、

アドバイザーとして同行してくださった、朱鳥先生、

暖かく迎えてくださった、天河神社、天川村のみなさま、

尊い時間をご一緒してくださったご縁のあるみなさま、

本当にありがとうございました。

こと葉さんのブログのお写真です。
[PR]
by bottleart | 2012-07-10 01:15 | 日記



世界中のびんを切ったり、絵を描く、ものづくりが大好きな職人のお話し。