手しごとボトルアート 河野美雪

世界中のびんを切ったり、絵を描く、ものづくりが大好きな職人のお話し。

2012年の始まりに

お正月にチラッとテレビで箱根駅伝を観ていました。

沿道からたくさんの人たちが旗を振りながら、ランナーを応援している様子が、

ある光景と重なりました。


走る道は、人生の道のり。

走る人は、それぞれの人。

あなたであり、私であり。

ランナーを応援しているたくさんの人たちが、

人生を応援してくれているたくさんのご先祖様たちに見えたのです。


それぞれの人が、それぞれの人生の道のりを、

喜んだり、笑ったり、泣いたり、辛かったり、つまずいたり、いろいろな景色を見ながら、

一生懸命に前に進んでいる。

普段は目には見えないたくさんの清い存在が、

その人をとにかく励まし応援している光景を、

ハッキリと映像で観せていただいたようでした。

マラソンがそんな風に見えたのは初めてでしたが、

壮大なスケールに映し出されたその映像は、とてつもなくありがたくて、

キラキラと光に包まれてとても眩しく、

「なんて尊い光景だろう」と、涙が溢れました。

ただただ見守り応援してくれている、たくさんのありがたい存在に感謝して、

一歩ずつ前に進もう。


自己ヒーリング(『レイキで心と体を浄化する本』矢尾こと葉 参照) の時に、

マイ祭壇に灯したキャンドルに照らされた、白い羽根の付いたボールペンの影が・・・、

龍さま。。。

b0180502_23481765.jpg

[PR]
by bottleart | 2012-01-31 00:00 | 日記


世界中のびんを切ったり、絵を描く、ものづくりが大好きな職人のお話し。