手しごとボトルアート 河野美雪

世界中のびんを切ったり、絵を描く、ものづくりが大好きな職人のお話し。

パニシ!忘れたくない潔さ

久しぶりに東京で MAYA MAXXさんのワークショップ。
3日間連続、マヤさんに会える!

今回は、障害(という言葉は好ましくないかもしれないけれど)の、ある人とない人の集まり。
1日目は、教室くらいの大きな床一面に敷かれた紙に、2人1組になって手や足で絵を描く。
2日目は、前日とは違う2人1組で、段ボール箱を使って居心地の良い空間を創る。
3日目は、それぞれの好きな人を想って絵を書く、
ということをしました。

1日目と2日目のお相手は、2人ともタイプの違う男の子。
仲良くなりたいけど、コミュニケーションもどうしたもんかと・・・。
保育の専門学校に通っていたとき、
重度の障害者施設に4週間泊まり込みで実習に行って、
今でも胸が一杯になるあたたかい体験をさせてもらえたことがある。
かといって、その時の経験を活かして・・・というほど、
身に付いている訳もない。
ただ、何にでも言えることかもしれないけれど、
正解は1つではない、と思う。
できるだけ後悔しないようにと思ったら、
自分が違和感を感じるような気持ち悪いことをしないで、
ゆっくりでもいいから、気持ち良い方へ心を開いて行こう。
対等で遊びたい。
そんなことを思いながら過ごした新しいお友達との時間は、
めちゃめちゃ楽しかった!!!
マヤさんともたくさんお話して、いっぱい笑った!

今まで何回かマヤさんのワークショップに参加させていただいているけれど、
マヤさんがよく言うんです。
「私は絵を教えてもらったことがないんですよ。
 だから、人に教えることは何もありません。」
って。なんて潔い!
毎回、スカッとするんです。
同時に、ニヤッとしちゃうんです。笑
今回もね、言ってました。
「私がいることで、そこに人が集まってそのメンバーで出逢うこと、
 それだけでいいかなって思うんです」って。
今回もスッとする。
ユルさ(尊敬と愛情を込めて!)と、
ブレない芯の強い優しい人の発するものがそこに浸透して行く。
気持ち良かった!
楽しかった!
嬉しかった!
マヤさん、スタッフの皆さん、出逢えた皆さん、ありがとうございます!
また、どこかで逢えますように。


b0180502_13465546.jpg

[PR]
by bottleart | 2009-08-16 15:18 | 日記


世界中のびんを切ったり、絵を描く、ものづくりが大好きな職人のお話し。